コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希薄燃焼エンジン きはくねんしょうエンジン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

希薄燃焼エンジン
きはくねんしょうエンジン

リーンバーンエンジンともいう。自動車のエンジンの一種で,空気とそれに混ぜる燃料比率通常の 14.5対1から 20対1程度にしたエンジン。通常のエンジンより燃費が向上し,NOx などの排出量を抑えられる。 2000年の自動車排出ガス規制と低排出ガス・低燃費車普及政策に対応するため,各自動車メーカーが実用化。燃料の比率を 50対1程度の超希薄とし,燃料をシリンダ内に直接噴射するエンジン (ガソリン直噴エンジン) も実用化されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

希薄燃焼エンジンの関連キーワード12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)NOx吸蔵還元型三元触媒NOx

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android