コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車排出ガス規制 じどうしゃはいしゅつガスきせいcar exhaust control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動車排出ガス規制
じどうしゃはいしゅつガスきせい
car exhaust control

公害を防止するための自動車排出ガスに関する諸種の規制。大気汚染への影響の大きい一酸化炭素炭化水素窒素酸化物,鉛化合物について大気汚染防止法および道路運送車両法により規制している。 1966年の一酸化炭素規制がその始まりで,炭化水素,窒素酸化物などが順次規制されてきた。鉛化合物は,1974年4月以降の生産車を無鉛レギュラーガソリン適合車にさせて,1975年から無鉛レギュラーガソリンの販売を開始,燃料面から効果をあげている。排出ガス規制は,先行したアメリカが省資源を理由に大幅な後退を続けるなかで,技術的限界で激しく争われながら,世界のトップを切って実施された。窒素酸化物については,1992年に「自動車から排出される窒素酸化物の特定地域における総量の削減に関する特別措置法」が公布され,おもに大都市におけるディーゼルエンジン車への規制を強化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

自動車排出ガス規制【じどうしゃはいしゅつガスきせい】

自動車から排出される有害物質を規制すること。自動車エンジンからは,不完全燃焼によりCO(一酸化炭素)とHC(炭化水素)が生成し,高温高圧によってNO(/x)(窒素酸化物)が生成する。
→関連項目自動車大気汚染防止法排気ガス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃはいしゅつガスきせい【自動車排出ガス規制】

自動車からの排出ガスが,空気を汚し,動植物の成育や人の健康に悪影響を与えることが明らかとなったのは,1950年代のアメリカ,ロサンゼルスにおける一連の光化学スモッグの研究によってである。エンジンからの排出ガスに含まれる一酸化炭素CO,炭化水素HC,窒素酸化物NOx,各種の粒子状物質は,それ自体が有害であるばかりか,工場などからの大気汚染物質とともに,太陽光線と反応して二次汚染物質を生成し,光化学スモッグの重要な原因となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の自動車排出ガス規制の言及

【自動車】より

…ブローバイガスについては,おもに圧縮行程中にクランクケース内にもれてたまったガスを,ブローバイガス還元装置によって大気中に放出しないようにし,また蒸発ガスについては,燃料蒸発抑制装置によって炭化水素を多く含む燃料蒸気を大気中に放出しないようにしている。日本では1973年の自動車排出ガス規制がきっかけとなって,新しい動力による低公害車の開発も活発になり,電気自動車,ガスタービン車も試作され,水素エンジンなどの新しいエンジンの研究も進んだ。自動車による騒音は,エンジンからの燃焼騒音,機械騒音,冷却ファン騒音,吸気騒音,排気騒音などと,走行によって発生する動力伝達系の機械騒音,タイヤ騒音,風切音などがおもなものである。…

※「自動車排出ガス規制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自動車排出ガス規制の関連キーワードシルバーウイング GT600シルバーウイング GT400クリーンエネルギー自動車希薄燃焼エンジンバーディー90移動発生源ユーロ6環境庁

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動車排出ガス規制の関連情報