コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯祝(い) オビイワイ

デジタル大辞泉の解説

おび‐いわい〔‐いはひ〕【帯祝(い)】

妊娠5か月目の戌(いぬ)の日に安産を祈って、妊婦が岩田帯を締める儀礼

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

帯祝【おびいわい】

妊娠5ヵ月または7ヵ月の人に岩田帯を結ぶ祝い。イヌのように出産が軽いようにと戌(いぬ)の日に行うことが多い。帯は妊婦の里方から米やアズキとともに贈るのが普通で,この日から産婆を頼む風習もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

帯祝

妊娠五カ月目(地方によっては七カ月目)に、妊婦に腹帯(岩田帯)を結ぶ行事。着帯式ともいう。犬の安産にあやかって、一般に戌(いぬ)の日が選ばれる。岩田帯は結肌(ゆいはだ)帯の略といわれ、下腹部の保温、胎児の位置を正常に保つ意味がある。間引き(口減らしのため新生児を殺すこと)などが多く行われるようになった近世でも、帯祝のすんだ胎児は産まねばならないとされていた。しかし、現在は形式ばった着帯式を行うことは少ない。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おびいわい【帯祝】

妊婦に腹帯を結ぶ祝い。地方によってウブイワイオボイワイオボタテなどという。オビ,オブ,ウブは産を意味する〈産む〉と同じ語源からきているといわれている。ウブということばは胎児の魂をも意味すると考えられ,帯を結ぶということにはウブ(魂)をこめるという意味があるようである。一般に5ヵ月めの戌の日(いぬのひ)に行うところが多いが,これは犬の安産にあやかるためと俗にいわれている。地方によって3ヵ月,7ヵ月に祝うところや,全く腹帯をしめないところもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の帯祝(い)の言及

【育児】より

子どもしつけ【三宅 和夫】
〔育児の日本民俗〕
妊婦がみごもったときから育児は始まる。とくに妊娠5ヵ月ころに行われる帯祝は,胎児を一人の人間としてその生存権を社会的に認めるという意味があり,間引きが多く行われた時代でもこの祝をすませた子どもは育てねばならなかった。帯祝は同時に妊娠の社会的な承認でもあり,着帯のときから妊婦は〈産の忌(いみ)〉に入った。…

【岩田帯】より

…また,夫のふんどしをしめたり,山村では熊の腸をまくと産が軽いとか安産だという。岩田帯をしめる帯祝は産の忌に入るとともに生児の生存権を承認する儀礼でもあり,間引きの多かった近世においても帯祝をした子どもは間引きせずに育てたといわれる。【菊池 健策】 腹帯の目的は,おもに妊婦の下腹部を保温し,かつ胎児の位置を正常に保つことにある。…

【出産】より

…出産は一身一家のことだけでなく,部落全体の関心事でもあった。帯祝は妊娠の社会的な承認であり,食物や行為の禁忌もこのころから始まる。無事に安産できるように,じょうぶに育つようにという安産子育ての祈願は,医学の発達した現代でも全国的に行われている。…

※「帯祝(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帯祝(い)の関連キーワード帯の祝い・帯の祝帯掛け・帯掛木村公一帯祝い産神帯親帯掛林希

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android