安産(読み)アンザン

大辞林 第三版の解説

あんざん【安産】

( 名 ) スル
苦しまないで出産すること。無事にお産をすること。 ⇔ 難産

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の安産の言及

【箒】より

…正月には仕事始めの一つとして掃初めも行われており,正月言葉では箒はお撫物といわれる。 箒は安産のまじないによく使われ,各地で産室の一隅に箒を祀ったり,箒で妊婦の腹を撫でたり,足元に逆さに箒を立てたりする。対馬の和多都美(わたつみ)神社では,箒を奉納して安産を祈願する風習もあった。…

【マルガレテ】より

…拷問の末首を切られたが,その際とくに,出産の苦痛から婦人たちが救われるよう祈ったと伝えられる。これらの理由で,安産の守護聖人とされる。伝説から,ゲオルギウスに助けられた王女と同一視されることもある。…

※「安産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安産の関連情報