コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安産 アンザン

デジタル大辞泉の解説

あん‐ざん【安産】

[名](スル)あまり苦痛や危険もなく子を産むこと。軽いお産。⇔難産(なんざん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

安産

古典落語の演目のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あんざん【安産】

( 名 ) スル
苦しまないで出産すること。無事にお産をすること。 ⇔ 難産

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の安産の言及

【箒】より

…正月には仕事始めの一つとして掃初めも行われており,正月言葉では箒はお撫物といわれる。 箒は安産のまじないによく使われ,各地で産室の一隅に箒を祀ったり,箒で妊婦の腹を撫でたり,足元に逆さに箒を立てたりする。対馬の和多都美(わたつみ)神社では,箒を奉納して安産を祈願する風習もあった。…

【マルガレテ】より

…拷問の末首を切られたが,その際とくに,出産の苦痛から婦人たちが救われるよう祈ったと伝えられる。これらの理由で,安産の守護聖人とされる。伝説から,ゲオルギウスに助けられた王女と同一視されることもある。…

※「安産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

安産の関連キーワード閻魔天供・焔摩天供・焰摩天供奈良県宇陀市室生区三本松マタニティースイミング帯祝い・帯祝山中諏訪神社七仏薬師法閻魔天供法金剛童子法倭文神社鬼子母神淡島神社童子経法子安観音古典落語子安地蔵子安貝種間寺大光院八丈宝不断経

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安産の関連情報