コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平か ひらか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平か
ひらか

祭祀土器の一つ。平底で,もとは口径と深さがほぼ同じであったらしい。のち,次第に浅くなり,俗に「盆瓦 (ぼんが) 」と呼ばれ,いまの木製盆に似た形になった。『日本書紀』には「平か」を「比邏介」と注し,『倭名類聚抄』には「盆」を「比良加」と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

平かの関連キーワードハーゲン=ポアズイユの法則福島県東白川郡鮫川村渡瀬福島県東白川郡鮫川村竹本大隅太夫(3世)杵屋弥三郎(4代)カルナータカ[州]ジャイロコンパス尾形周平(初代)トータル人事制度電波監理審議会フレーザー錯視斉と公平太さん欅田勇左衛門慶田政太郎町人考見録偏光めがね定山渓温泉四ツ目通り小早川茂平鮫川(村)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平かの関連情報