平均有効圧力(読み)へいきんゆうこうあつりょく(英語表記)mean effective pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均有効圧力
へいきんゆうこうあつりょく
mean effective pressure

内燃機関または蒸気機関において,1サイクルあたりの仕事量を機関の行程容積で割ったもので,機関が単位容積あたりになし得る仕事量を表わすのに用いられる。1サイクルあたりの仕事としては理論,図示,正味仕事の3つがあるので,おのおのに対する平均有効圧力が得られ,理論平均有効圧力,図示平均有効圧力,正味平均有効圧力と呼ぶ。また1サイクルあたりの摩擦仕事を行程容積で割った値を摩擦平均有効圧力と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android