平均有効圧力(読み)へいきんゆうこうあつりょく(英語表記)mean effective pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均有効圧力
へいきんゆうこうあつりょく
mean effective pressure

内燃機関または蒸気機関において,1サイクルあたりの仕事量を機関の行程容積で割ったもので,機関が単位容積あたりになし得る仕事量を表わすのに用いられる。1サイクルあたりの仕事としては理論,図示,正味仕事の3つがあるので,おのおのに対する平均有効圧力が得られ,理論平均有効圧力,図示平均有効圧力,正味平均有効圧力と呼ぶ。また1サイクルあたりの摩擦仕事を行程容積で割った値を摩擦平均有効圧力と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android