コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均貯蓄性向 ヘイキンチョチクセイコウ

2件 の用語解説(平均貯蓄性向の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいきん‐ちょちくせいこう〔‐チヨチクセイカウ〕【平均貯蓄性向】

所得全体のうち、貯蓄に向けられる割合。→限界貯蓄性向

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の平均貯蓄性向の言及

【貯蓄】より

…この種の長期的視野に立った合理的行動が現実の消費・貯蓄決定においてどのくらい重要であるかについては,現在多くの実証研究が行われつつある。
[日本の貯蓄率]
 日本の家計の貯蓄率(平均貯蓄性向。〈貯蓄性向〉の項参照)は高度成長期を通じて上昇し,1970年代中ごろに25%程度に達した後,ゆるやかに低下し最近では20%程度である。…

【貯蓄性向】より

…貯蓄額と所得水準との比率をいう。より厳密には,ある時点での貯蓄額(過去からの貯蓄の総残高ではなく,その時点における追加分)と,その時点における所得との比率を平均貯蓄性向と呼ぶ。これに対して,仮にその時点での所得が1単位高くなったときに,その1単位のうちどのくらいを貯蓄に回すかという値を限界貯蓄性向という。…

※「平均貯蓄性向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone