コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平宗親 たいらの むねちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平宗親 たいらの-むねちか

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将,僧。
平宗盛の養子となって阿波守(あわのかみ)となる。元暦(げんりゃく)2年(1185)平氏滅亡の際出家,心戒房と称して宋(そう)(中国)にわたる。帰国後は(ひじり)として各地を放浪した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平宗親

生年:生没年不詳
鎌倉初期の聖。源有仁の流れを引き,平宗盛の養子となって阿波守になるが,文治1(1185)年平氏の滅亡とともに遁世,心戒房と称し,重源の伝をたどって宋に渡る。帰国後は,居所も定めず諸国流浪,その行動と言談は聖の典型として『一言芳談』に載る。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平宗親の関連キーワード鎌倉時代生年

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android