コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平政連 たいらの まさつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平政連 たいらの-まさつら

?-? 鎌倉時代の幕府官僚。
徳治(とくじ)3年(1308)北条貞時に献言する目的で,内管領(うちかんれい)長崎宗綱あてに「平政連諫草(いさめぐさ)」をかいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平政連

生年:生没年不詳
鎌倉末期の幕府官僚。徳治3(1308)年8月に得宗北条貞時に献言する目的で内管領長崎宗綱に宛てて書かれた『平政連諫草』の筆者。平姓と伝えられ,三浦氏とする説もあるが,確証はない。<参考文献>佐藤進一『日本中世史論集』

(新田一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平政連の関連キーワード長崎光綱鎌倉時代佐藤進一

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android