徳治(読み)トクジ

  • とくじ トクヂ
  • とくじ〔トクヂ〕
  • とくち

大辞林 第三版の解説

年号(1306.12.14~1308.10.9)。嘉元の後、延慶の前。後二条・花園天皇の代。
有徳の君主が道徳を基本として国を治めること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。鎌倉時の1306年から1308年まで、後二条(ごにじょう)天皇の代の元号。前元号は嘉元(かげん)。次元号は延慶(えんきょう)。1306年(嘉元4)12月14日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『尚書注疏(しょうしょちゅうそ)』(『書経(しょきょう)』)『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』『後魏書(こうぎしょ)』などを出典とする命名。徳治年間の鎌倉幕府の将軍は久明(ひさあきら)親王(8代)、守邦(もりくに)親王(9代)、執権は北条師時(もろとき)(10代)。1308年(徳治3)、後二条天皇は病気で急逝した。当時は、大覚寺統(だいかくじとう)と持明院統(じみょういんとう)との間で皇位継承をめぐる対立が続いていた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

鎌倉時代、後二条・花園両天皇の代の年号。嘉元四年(一三〇六)一二月一四日に改元、徳治三年(一三〇八)一〇月九日に次の延慶(えんきょう)となる。出典は「書経‐皐陶謨」の「俊乂在官」の注「俊徳治能之士、並在官」および「春秋左氏伝‐僖公三三年」の「能敬必有徳、徳以治民」。
[1] (「とくぢ」とも) 有徳の王者が国を治めること。→徳治思想
※翁問答(1650)上末「徳治(トクヂ)・法治の分別よくよく得心あるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の徳治の言及

【徳治主義】より

…徳による政治を行うのは君主であるため,これは同時に君主みずからに徳を要求することになる。また徳治を具体的に表すのは礼楽による政治であり,その礼楽は君主が制作するもので,君主の徳の表象にほかならない。徳による政治は儒家の基本的主張であるが,儒家は刑罰を否定したわけではない。…

※「徳治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳治の関連情報