年寄名跡(読み)としよりめいせき

知恵蔵の解説

年寄名跡

力士で引退後に年寄を襲名、継承した者は年寄(親方)と呼ばれ、日本相撲協会評議員となる。年寄を襲名するには年寄名跡(親方株)が必要で2006年9月現在、105ある(他に一代年寄の北の湖、貴乃花)。元々は相撲興行の、収益の分配を受ける権利だった。かつては師匠と弟子の関係でやり取りされてきたが、扶養金の名目などで実質的には売買されている。親方株は相撲協会に残るための権利で、一種の営業権ともいえる。1996年に故・二子山親方(元大関貴ノ花)が名跡取得に関連し税の申告漏れを指摘されたり、2003年には立浪親方(元小結旭豊)が元の名跡の所有者から名跡の代金支払いの民事裁判を起こされたりと、江戸時代以来の制度ながら、不明朗な部分を多く残している。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

年寄名跡

力士が現役引退後に親方として日本相撲協会に残るために必要な資格で、一代年寄の「北の湖」と「貴乃花」を除き、105の名跡がある。名跡取得には日本国籍であることや幕内在位場所数などの規定があり、現役力士が引退前に取得することもできる。十両高見盛や新大関稀勢の里らが、すでに取得している。65歳の定年から3年以内に後継者に譲らなければならない。相撲協会は、名跡は個人財産ではないとの建前で、売買や担保、相続などを禁じている。しかし、実際には巨額の金銭を伴って取引されるケースが多い。「立浪」の名跡を巡る民事訴訟では、判決で1億7500万円の財産的価値が認定された。

(2011-12-10 朝日新聞 朝刊 スポーツ1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年寄名跡の関連情報