年寄株(読み)としよりかぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年寄株
としよりかぶ

相撲用語で「年寄名跡」の意。昔は先代遺族を一生めんどうをみるということで譲り受けたが,現在では,定年になった先代,あるいは先代の遺族に一時金を支払って買う仕組みになっている。「」といわれるが株式の株ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

としより‐かぶ【年寄株】

〘名〙 大相撲の年寄になるために相続する名跡をいう。〔相撲講話(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年寄株の関連情報