一代年寄(読み)いちだいとしより

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一代年寄
いちだいとしより

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然消滅してしまう。これまでに,大鵬と北の湖と貴乃花の3人が一代年寄となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一代年寄

力士が引退後に年寄(親方)として相撲協会に残るには、105ある年寄名跡を取得するか借りるかしなければならないが、特別に功績があった横綱には、しこ名のまま定年まで年寄として残れる「一代年寄」を贈ることがある。理事会の議決が必要。これまで大鵬、北の湖、貴乃花の3人。千代の富士は辞退した。

(2013-01-20 朝日新聞 朝刊 スポーツ1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちだい‐としより【一代年寄】

大相撲で、功績の特に大きかった力士に対して、日本相撲協会から本人1代に限り与えられる年寄の資格。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちだいとしより【一代年寄】

大相撲で、特別の功績があった引退力士に贈られる名跡。通常の年寄(年寄株をもつ一〇五名)とは別枠で、個人一代に限って待遇される。1969年(昭和44)の横綱大鵬たいほうが最初。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一代年寄の関連情報