コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幹事会社 かんじがいしゃ

大辞林 第三版の解説

かんじがいしゃ【幹事会社】

有価証券の募集・売り出しにあたり、引受シンジケート団を代表してその発行者または所有者と元引受に関する基本的事項の取り決めを行う証券会社。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

株式公開用語辞典の解説

幹事会社

引受契約の締結に際し、有価証券発行者又は所有者とその元引受契約の内容を確定するための協議を行うことのある会社である(証券会社に関する内閣府令第9条)。有価証券の引受を行おうとする者は、分売力の強化やリスク負担分散のため、シンジケート団(シ団)を組成し、共同して当該有価証券を引受けるのが一般的であり、幹事会社は、このシ団を代表してシ団内部を調整し、発行者との間で発行条件、引受契約の内容などを協議する役割を果たしている。一般に引受業務を行う会社の場合、5億円以上の資本金があればよいが、幹事会社になるためには資本金が30億円以上必要とする(証券取引法施行令第15条の2)。幹事会社の中で、幹事団を代表し主導的な役割を果たす者を主幹事会社という。株式公開を目指す企業は、まずその主幹事証券を決定し、その後シ団を形成する。株式公開を目指すベンチャー企業に対し証券会社よりマンデート(主幹事宣言)の依頼持ち込まれますが、慌てて主幹事証券を選定するよりも複数の証券会社と面談し、その最終的な決定時期は直前期とされる事をお勧めします。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

幹事会社の関連キーワード引受シンジケート団スポンサーメリット共同保険証券業仮条件

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幹事会社の関連情報