広 慶太郎(読み)ヒロ ケイタロウ

20世紀日本人名事典「広 慶太郎」の解説

広 慶太郎
ヒロ ケイタロウ

昭和期の実業家 元・久保田鉄工(現・クボタ)社長。



生年
明治41(1908)年12月7日

没年
平成10(1998)年10月8日

出生地
兵庫県西宮市

別名
号=静山

学歴〔年〕
立命館大学法経学部〔昭和11年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和47年〕,タイ国勲一等王冠章〔昭和60年〕,勲二等旭日重光章〔昭和60年〕

経歴
母校・大倉商業の会計学教師を経て、昭和18年久保田鉄工(現・クボタ)に入社。26年取締役、46年6月から11年間社長を務めたのち、57年6月会長に就任。社長時代には輸出拡大など海外戦略に力を入れ、海外二市場への株式上場も果たした。60年6月取締役相談役、63年相談役。この間54〜56年関西経済同友会代表幹事、48〜56年大阪商工会議所地域開発委員長として関西空港計画の推進に努めるなど、関西経済の発展に貢献。陽明学者の故安岡正篤に師事東洋思想に通じた異色の経済人として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android