広域医療搬送拠点(読み)コウイキイリョウハンソウキョテン

デジタル大辞泉「広域医療搬送拠点」の解説

こういきいりょうはんそう‐きょてん〔クワウヰキハンソウキヨテン〕【広域医療搬送拠点】

大規模な災害が発生した際に、重症の傷病者を航空機で被災地外の医療施設へ搬送するために使用される空港・自衛隊基地・大規模空地など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android