重症(読み)ジュウショウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐しょう〔ヂユウシヤウ〕【重症】

病気や、その症状がおもいこと。また、おもい病気・症状。比喩的にも用いる。「今度の失恋は相当重症らしい」⇔軽症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうしょう【重症】

重い症状。重い病気。 ⇔ 軽症
転じて、程度がはなはだしい状態。 「彼の収集癖もそうとう-だな」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐しょう ヂュウシャウ【重症】

〘名〙 病気やけがなどの重い症状。また、重い病気やけが。比喩的に、好ましくないひどい癖や性格にもいう。⇔軽症
夜船閑話(1757)「己哉、観理度に過ぎ、進修節を失して、終に此の重症を発す」
※小学読本(1873)〈榊原芳野〉三「母は、小児の病気を、重症と思ひ、悲めるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重症の関連情報