庄三風

デジタル大辞泉プラス「庄三風」の解説

庄三(しょうざ)風

九谷焼で、飯田屋風の赤絵金襴手をさらに工夫し、九谷庄三が編み出した作風。彩色金欄手により花鳥山水等を描く。明治期以降の産業久谷焼は、この作風に倣ったものが主流

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の庄三風の言及

【寺井[町]】より

…町域中央部に能美古墳群があり,近世末以降は九谷焼の町として発展した。明治期には〈庄三(しようざ)風〉といわれた名工九谷庄三(1816‐83)の窯を中心に輸出向けの量産が始められ,〈寺井の九谷焼〉として全国に知られている。毎年5月3~5日には九谷茶碗祭が行われる。…

※「庄三風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android