コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九谷焼 くたにやき

6件 の用語解説(九谷焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九谷焼
くたにやき

石川県南部の加賀市小松市金沢市能美市で産する焼物。主として磁器に釉上着画したものが多い。大聖寺藩の藩主前田利治が家臣の後藤才次郎定次らに命じて九谷に開窯させたと伝えられるが,その年代は寛永末年 (1640頃) 説,慶安4 (1651) 年説,承応年間 (1652~55) 説などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くたに‐やき【九谷焼】

石川県九谷に産する陶磁器。明暦年間(1655~1658)から元禄年間(1688~1704)に焼成されて今日古九谷(こくたに)とよばれる豪放な色絵作品、および江戸末期の再興後に始まる精巧な赤絵金襴手(きんらんで)などの総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

九谷焼【くたにやき】

石川県の加賀市,小松市を中心に産する焼物。17世紀半ば大聖寺藩主前田利治の命により,後藤才次郎が領内江沼郡の九谷(現加賀市)に開窯して豪快な色絵磁器を焼いた。これを〈古九谷〉というが,有田産とする説もある(伊万里焼)。
→関連項目石川[県]小松[市]大聖寺寺井[町]山中[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くたにやき【九谷焼】

江戸時代に加賀国江沼郡九谷村(現,石川県江沼郡山中町九谷)で焼かれたやきものを〈九谷焼〉と称するようになったといわれる。17世紀半ば,大聖寺藩主前田利治が家臣の後藤才次郎らに命じて製陶したのにはじまり,約50年ほどで廃止されたと伝えられている。この期の作と考えられるものを一般に〈古九谷〉と呼ぶ。しかし,古九谷に関しては,その開始時期をはじめとして,その発展の経緯や廃窯の時期,有田焼との関係など,その窯跡が発掘調査された現時点においても明確な結論が出ていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くたにやき【九谷焼】

石川県九谷に産する磁器。明暦(1655~1658)年間に開窯し、元禄(1688~1704)初年まで製された豪放な色絵磁器(古九谷)、および1806年京都より青木木米を招いて開窯したのに始まる精細豪華な色絵磁器などの総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九谷焼
くたにやき

石川県で焼かれる陶磁器。江戸初期、大聖寺(だいしょうじ)川上流の僻村(へきそん)九谷(現加賀(かが)市山中温泉九谷町(やまなかおんせんくたにまち))で焼かれたいわゆる「古九谷」と、江戸後期、加賀藩によって再開された「再興九谷」、そして明治以降の九谷焼が含まれる。[矢部良明]

古九谷

開窯については、大聖寺藩主の前田利治(としはる)が家臣の後藤才次郎を有田(佐賀県)に派遣して作陶の技術を修得させ、帰藩後、田村権左右衛門(ごんざえもん)を指導して明暦(めいれき)年間(1655~58)に築窯したと一般に伝えられているが、この地に窯が築かれたのはそれ以前であり、なんらかの形で有田の影響を受けたものと推察される。当時大聖寺焼とよばれたいわゆる古九谷窯はかなり画期的なもので、34メートルに及ぶ大規模な連房式登窯(のぼりがま)を2基も備える古窯址(し)がそれを証している。
 しかし1970年(昭和45)以来4次にわたる発掘調査で出土した陶磁片と、伝世古九谷の白磁土の素地(きじ)に格差が認められることや、確たる文献も少ないため、古九谷の窯の始源や廃窯の時期は判然としていない。大沢君山の『重修加越能大路水径』(1736)でも、すでに過去のこととして九谷の地に石焼(磁器焼造)の窯があったと記すのみである。大聖寺藩の藩窯としての性格をもち、その最盛期は17世紀後半とされているが、元禄(げんろく)期(1688~1704)の17世紀末から18世紀初めには廃絶した。
 一般に古九谷と称されているのは色絵磁器で、不透明な鈍い白色素地に花鳥、山水、風物などを描いたものが多い。いずれも大胆な構図で、濃い彩釉(さいゆう)を用い雄勁(ゆうけい)な筆致で上絵付(うわえつけ)されている。文様には祥瑞(しょんずい)風、和風などと、種々の影響がみられるが、よくそれを消化し、幾何学文様なども巧みに併用しつつ、古九谷様式ともいうべき独自の意匠を展開している。また素地を青・緑・紫・黄の彩釉で塗りつぶした青手(あおで)(塗りつぶし手)も古九谷特有のものである。[矢部良明]

再興九谷

江戸後期、全国的に陶業振興の気運が強まるなかで、文化(ぶんか)年間(1804~18)加賀藩の殖産政策として卯辰山(うたつやま)(金沢市)に窯が開かれたのを皮切りに、藩内各地に新窯の勃興(ぼっこう)をみた。これらの諸窯を幅広くとらえて「再興九谷」とよんでいる。
 1807年(文化4)京都から青木木米(もくべい)が招聘(しょうへい)され、弟子の本多貞吉(さだきち)とともに卯辰山麓(さんろく)に春日山(かすがやま)窯を開いた。ここでは呉須(ごす)赤絵、青磁、古赤絵、染付(そめつけ)、絵高麗(えごうらい)、交趾(こうち)写しなどが中国陶磁を手本に焼かれた。和様に色付した文人好みの雅味ある作風はみるべき妙趣に富んでいたが、陶業としては発展せず、1822年(文政5)には加賀藩主武田民山(みんざん)が受け継いで、別に民山窯を開いている。民山窯は、半磁胎(じたい)の素地に、赤を中心に上絵付した明るく朗らかな作調の魅力的な磁器を多く焼いたが、彼の没した1844年(弘化1)には廃滅した。一方、1811年に、若杉村(現小松市若杉町)の十村(とむら)(大庄屋(おおじょうや))林八兵衛が本多貞吉を招いて若杉窯をおこしている。これは産業として成功を収め、1820年には加賀藩直轄の窯となり、伊万里(いまり)をはじめ種々の焼物を手本として量産するとともに、阿波(あわ)(徳島)出身の武一勇次郎を絵付師に迎えて絵付物に優作を残し、1875年(明治8)まで存続した。
 しかし、いわゆる伝世古九谷の色絵磁器を本格的に写し、新たな独特の装飾様式にまで展開させたのは、大聖寺の豪商吉田屋(豊田伝右衛門(でんえもん))である。文人でもあった彼は晩年の1823年ごろ、古九谷の古窯址の近くに新窯を築き吉田屋窯とした。本多貞吉の養子清兵衛が主力となり、古九谷の五彩手と青手に倣った芸術的香りの高い重厚な色絵磁器をつくった。窯は1825年に山代(やましろ)の越中(えっちゅう)谷窯に移されたが、31年(天保2)に廃窯した。
 吉田屋窯の後を受けて宮本屋宇右衛門(吉田屋窯支配人宮本屋理右衛門の兄)が1832年に宮本屋窯を開き、赤絵細描に優れた飯田屋八郎右衛門(いいだやはちろうえもん)が絵付師を務めて八郎手とよぶ金襴手(きんらんで)を完成させた。これが世評を集めて加賀の諸窯に影響を与え、九谷赤絵流行の起因となった。この八郎手に独自のくふうを加えて艶(つや)やかな彩色金襴手をつくりだしたのは九谷庄三(しょうざ)で、庄三風の始祖となっている。また京都から山代へ招かれた永楽和全(えいらくわぜん)による金襴手の技法は、九谷永楽とよばれる独特の作風を残した。なお吉田屋窯で絵付師を務めた粟生屋源右衛門(あおやげんえもん)が諸窯に与えた技術指導の功績にも特筆すべきものがある。
 このように化政期以降は、優れた陶人の輩出や良質の磁土の発見とともに、小松、加賀、金沢、寺井などで目覚ましく発展を遂げ、明治に入って海外への輸出でさらに進展し、同地はわが国製陶産業の一翼を担うこととなった。
 その間、九谷庄三、松本佐平、内海吉造(うつみきちぞう)、阿部碧海(へきかい)、石野竜山(りゅうざん)、安達陶仙(あだちとうせん)、松原新助、徳田八十吉(やそきち)、竹内吟秋(ぎんしゅう)・浅井一毫(いちごう)の兄弟、初代須田菁華(せいか)、初代中村秋塘(しゅうとう)らの名工を生み、富本憲吉や北大路魯山人(きたおおじろさんじん)も作陶に加わった時期がある。[矢部良明]
『林屋晴三編『日本の陶磁11 古九谷』(1975・中央公論社) ▽西田宏子著『陶磁大系22 九谷』(1978・平凡社) ▽三上次男・林屋晴三編『世界陶磁全集9 江戸(4)』(1983・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の九谷焼の言及

【永楽保全】より

…翌年大津湖南窯,摂津高槻城内で作陶し,一時,回全,和全らと共に仁清の故地御室に開窯し再興を試みたが,格調高い製品は残されていない。保全の後を継いだ和全も,金襴手,銀襴手,交趾手,赤絵などに優品を残し,加賀九谷焼の再興に尽力したが,71年(明治4)姓を〈西村〉から〈永楽〉に改めるなど幕末・維新の混乱期に活躍,永楽家の存続に尽力した。【河原 正彦】。…

※「九谷焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九谷焼の関連キーワード加賀九谷大聖寺藩石川県九谷焼美術館石川県加賀市山代温泉九谷町山中〈町〉石川県加賀市山中温泉九谷町須田菁華(初代)豊田伝右衛門本多清兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九谷焼の関連情報