底割れ(読み)ソコワレ

大辞林 第三版の解説

そこわれ【底割れ】

( 名 ) スル
景気や株価の低迷が続き、一段落したと思われてから、さらに悪化すること。 → 底入れ底離れ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の底割れの言及

【取引所】より

… 底値鍛錬相場が底値圏にあって保合い状態が続き,売りものを消化して次の上げ相場の準備期間となっている状態をいう。 底割れ・底練り底堅い動きをしていた相場がさらに下がることを〈底割れ〉といい,下げ止まった株が底値圏で底固めするように動いている状態を〈底練り〉という。台相場値段の数字の桁のことをいう。…

※「底割れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底割れの関連情報