コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底入れ ソコイレ

デジタル大辞泉の解説

そこ‐いれ【底入れ】

[名](スル)相場が下がり切って、それより下がる見込みがないこと。「相場が底入れする」→4底打ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そこいれ【底入れ】

( 名 ) スル
景気や株価が底値になること。ボトム-アウト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の底入れの言及

【取引所】より

…これは,ある月の取引の最初が2日から始まる場合,その月はとかく相場が乱高下することが多い,という相場格言である。 底入れ相場が下げ止まった状態をいう。 底値鍛錬相場が底値圏にあって保合い状態が続き,売りものを消化して次の上げ相場の準備期間となっている状態をいう。…

※「底入れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

底入れの関連キーワード世界同時不況と景気対策為替の市場介入ボトムアウト市場取引用語景気基準日付不動産時計見込みアウトボトム底離れ底割れ相場株価底値景気

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android