座屈効果(英語表記)buckling effect

法則の辞典の解説

座屈効果【buckling effect】

柱状の材料に軸方向の圧縮荷重を加えたとき,圧縮応力がある限界値を越えると,荷重がほとんど増加していないのに急激な側方変形が起きる.この現象を「座屈」という.板状,球状の材料でも同じように座屈現象が認められる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android