コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄ふ/綺ふ イロウ

1件 の用語解説(弄ふ/綺ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いろ・う〔いろふ〕【弄ふ/×綺ふ】

[動ハ四]
かかわり合う。関与する。
「例の忍ぶる道はいつとなく―・ひつかうまつる人なれば」〈・松風〉
口出しする。干渉する。
「いふかひなき者の秀(ひい)でて、―・ふまじき事に―・ひ」〈平家・二〉
言い争う。さからう。
「武藤太も、酒なくてはいかで情を引くことあらん、と思ひて深くも―・はず」〈読・弓張月・前〉
手で触れる。さわる。いじる。→弄(いら)う
「頭を―・うてみる」〈虎明狂・

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone