コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 キョウ

7件 の用語解説(梟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう【梟】[漢字項目]

[音]キョウ(ケウ)(呉)(漢) [訓]ふくろう
フクロウ。「鴟梟(しきょう)
たけだけしい。つよい。「梟悪梟将梟雄
さらし首にする。「梟首
[難読]梟帥(たける)

さけ【×梟】

フクロウの古名。〈和名抄

ふくろう〔ふくろふ〕【×梟】

フクロウ科の鳥。全長約50センチ、全身灰褐色。目が顔の前面に並び、くちばしは短く、鉤(かぎ)状。夜、羽音をさせずに飛び、野ネズミやウサギなどを捕食する。ユーラシアの温帯・寒帯に広く分布。日本でも平地林にすむ。 冬》「―の来ぬ夜も長し猿の声/北枝」
フクロウ目フクロウ科の鳥のうち、頭に耳のような飾り羽をもつミミズクを除くものの総称。フクロウシロフクロウアオバズクなど。大部分は夜行性。
[補説]作品名別項。→

ふくろう【梟】[狂言・書名]

狂言。弟のようすがおかしいので、兄が山伏に加持を頼むが、祈るうちに弟に憑(つ)いていた梟が、兄や山伏にまで取り憑く。別名「梟山伏(ふくろやまぶし)」。
伊藤永之介の小説。昭和11年(1936)発表。東北農民の生活を描いた「鳥類もの」と称される作品の一つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふくろ【梟】

ふくろう(梟) 」に同じ。 〔伊京集〕

ふくろう【梟】

フクロウ目フクロウ科に属する鳥の総称。全長15~70センチメートル。体幅・顔面が広く、眼が大きく、脚は太く短い。すべて肉食性で、多くは夜行性。世界に約130種が知られる。耳のように見える羽角うかくのない種をフクロウ、羽角のある種をミミズクと呼ぶが、分類学上の区別はない。
の一種。全長約60センチメートル。全身灰褐色の地で黄白色や褐色の斑がある。夜間音もなく飛び、小動物を捕食する。森林にすみ、ゴロスケホッホと鳴く。日本各地のほかユーラシア大陸に広く分布する。 [季] 冬。 《 山の宿-啼いてめし遅し /虚子 》
狂言の一。「梟山伏ふくろやまぶし」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ふくろう

狂言の曲名。山伏狂言。『梟(ふくろ)山伏』ともいう。兄は、弟の太郎のようすがおかしいので、日ごろ尊敬している山伏(シテ)に祈祷(きとう)を依頼する。山伏がもったいぶりながら祈祷を始めると、太郎は「ホホン」と奇妙な声をあげる。事情を聞くと、太郎は山で梟の巣を下ろしたという。山伏は、梟が憑(つ)いたものと判断し、印(いん)を結んでふたたび祈るが、兄にも伝染して同じ声をあげ始める。山伏の祈祷はいっこうに効験が現れず、ついには山伏自身にまで梟が移って「ホホン」と叫びだしてしまう。効力のない山伏の祈祷に対する風刺もうかがえるが、憑き物を表現するしぐさのおもしろさが、この曲のねらいである。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梟の関連キーワード青葉木菟大木葉木菟楓鳥黒歌鳥木の葉木菟島梟白梟鷲木菟小耳木菟面梟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梟の関連情報