コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式守五太夫 しきもり ごだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式守五太夫 しきもり-ごだゆう

?-? 江戸時代中期の相撲行司。
式守家の祖。享保(きょうほう)14年(1729)肥後(熊本県)の16代吉田追風の門人となり,寛延2年行司として式守姓を名のったという。相撲では伊勢海を名のり,京坂相撲の支配下にあった江戸相撲を再興したという説もある。伊豆(いず)加茂郡(静岡県)出身。本名は谷義則。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の式守五太夫の言及

【式守伊之助】より

木村庄之助の次位。行司式守家は,初代伊勢ノ海五太夫が,1729年(享保14)相撲家元吉田追風の故実門人となり,行司家の創立を許されて,式守五太夫を名のったことに始まる。伊勢ノ海は年寄と行司家の両資格をもち,力士と行司を養成,その第1号が伊之助(1743‐1822)である。…

※「式守五太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

式守五太夫の関連キーワード式守伊之助横綱

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android