コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆 イズ

デジタル大辞泉の解説

いず〔いづ〕【伊豆】

旧国名の一。静岡県伊豆半島および東京都伊豆諸島にあたる。豆州(ずしゅう)。
伊豆半島中北部の市。多数の温泉のほか、修禅寺(しゅぜんじ)天城峠(あまぎとうげ)など観光資源が豊富。平成16年(2004)修善寺町、土肥(とい)町、天城湯ヶ島(あまぎゆがしま)町、中伊豆町が合併して成立。人口3.4万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いず【伊豆】

旧国名の一。静岡県の伊豆半島と伊豆諸島を占める。豆州。
静岡県東部の市。伊豆半島中央部にあり、修善寺・船原などの温泉が多い。ワサビを特産。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆
いず

古代国家の行政区域。東海道に属す。680年(天武天皇9)駿河(するが)国の2郡を割いて伊豆国とした。律令(りつりょう)制下では田方(たがた)、那賀(なか)、賀茂(かも)の3郡を管し、国府は田方郡に置かれた。古来配流(はいる)の地とされ、源頼朝(よりとも)の流罪は著名。鎌倉幕府直轄地。堀越公方(ほりこしくぼう)の支配を経て、戦国時代には後北条(ごほうじょう)氏、徳川氏が領有。江戸中期以降は代官江川(えがわ)氏が支配。明治になり韮山(にらやま)県、足柄(あしがら)県を経て、1876年(明治9)旧伊豆国は静岡県となった。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊豆の関連キーワード静岡県伊豆市大平柿木静岡県伊豆市本柿木静岡県伊豆市本立野静岡県伊豆市小立野静岡県伊豆市青羽根静岡県伊豆市上船原静岡県伊豆市牧之郷静岡県伊豆市貴僧坊静岡県伊豆市八木沢静岡県伊豆市戸倉野静岡県伊豆市中原戸静岡県伊豆市月ケ瀬静岡県伊豆市下船原静岡県伊豆市姫之湯静岡県伊豆市下白岩静岡県伊豆市門野原静岡県伊豆市地蔵堂静岡県伊豆市小土肥静岡県伊豆市日向静岡県伊豆市冷川

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊豆の関連情報