コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆 イズ

3件 の用語解説(伊豆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いず〔いづ〕【伊豆】

旧国名の一。静岡県伊豆半島および東京都伊豆諸島にあたる。豆州(ずしゅう)。
伊豆半島中北部の市。多数の温泉のほか、修禅寺(しゅぜんじ)天城峠(あまぎとうげ)など観光資源が豊富。平成16年(2004)修善寺町、土肥(とい)町、天城湯ヶ島(あまぎゆがしま)町、中伊豆町が合併して成立。人口3.4万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いず【伊豆】

旧国名の一。静岡県の伊豆半島と伊豆諸島を占める。豆州。
静岡県東部の市。伊豆半島中央部にあり、修善寺・船原などの温泉が多い。ワサビを特産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆
いず

古代国家の行政区域。東海道に属す。680年(天武天皇9)駿河(するが)国の2郡を割いて伊豆国とした。律令(りつりょう)制下では田方(たがた)、那賀(なか)、賀茂(かも)の3郡を管し、国府は田方郡に置かれた。古来配流(はいる)の地とされ、源頼朝(よりとも)の流罪は著名。鎌倉幕府直轄地。堀越公方(ほりこしくぼう)の支配を経て、戦国時代には後北条(ごほうじょう)氏、徳川氏が領有。江戸中期以降は代官江川(えがわ)氏が支配。明治になり韮山(にらやま)県、足柄(あしがら)県を経て、1876年(明治9)旧伊豆国は静岡県となった。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊豆の関連キーワード土肥温泉伊豆の国紀伊駿河遠江能登陸前陸中伊豆半島沖地震沼津アルプス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆の関連情報