伊豆(読み)イズ

デジタル大辞泉 「伊豆」の意味・読み・例文・類語

いず〔いづ〕【伊豆】

旧国名の一。静岡県伊豆半島および東京都伊豆諸島にあたる。豆州ずしゅう
伊豆半島中北部の市。多数の温泉のほか、修禅寺しゅぜんじ天城峠あまぎとうげなど観光資源が豊富。平成16年(2004)修善寺町土肥とい町、天城湯ヶ島あまぎゆがしま町、中伊豆町が合併して成立。人口3.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「伊豆」の意味・読み・例文・類語

いずいづ【伊豆】

  1. [ 一 ] 東海道一五か国の一つ。古くから温泉と重罪人の流刑地で知られる。鎌倉時代は北条氏、南北朝時代は上杉氏、戦国時代は小田原の後北条氏が支配。江戸初期、伊豆金山が栄え幕府直轄地となる。廃藩置県後、足柄県を経て明治九年(一八七六)伊豆半島部は静岡県に合併、伊豆七島は同一一年東京府に入る。豆州。下国。
  2. [ 二 ] 静岡県、伊豆半島中北部の地名。多数の温泉のほか、修善寺天城峠など観光資源が豊富。平成一六年(二〇〇四)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「伊豆」の意味・わかりやすい解説

伊豆[市] (いず)

静岡県東部,伊豆半島の中央部にある市。2004年4月天城湯ヶ島(あまぎゆがしま),修善寺(しゆぜんじ),土肥(とい),中伊豆(なかいず)の4町が合体して成立した。人口3万4202(2010)。

伊豆市中央部の旧町。旧田方郡所属。人口7960(2000)。伊豆半島中央部に位置し,狩野川の上流域を占める。東・南・西の三方を天城連山に囲まれて,町の大部分は山林で占められ,杉,ヒノキなどの良材を産出するほか,ワサビシイタケの特産がある。狩野川と支流の沖積低地は水田や果樹園に利用されているが,耕地が少なく経営規模が小さいため,年々農業の地位は低下している。富士箱根伊豆国立公園に属し,狩野川の清流に臨むところに温泉が湧出し,湯ヶ島,嵯峨沢,吉奈月ヶ瀬船原などの温泉が点在する温泉郷になっている。湯ヶ島温泉は単純泉,セッコウ泉で,泉温は50℃。木下杢太郎,若山牧水,井上靖らの文人に愛され,川端康成の《伊豆の踊子》は湯ヶ島で執筆された。近世初期に金山の開発が行われ,持越鉱山では1978年まで金の精錬が行われた。天城原生林におおわれ,野鳥も多い南部一帯は〈昭和の森〉に指定され八丁池,浄蓮の滝の名勝を中心に観光開発が進められている。

伊豆市北端の旧町。旧田方郡所属。人口1万6830(2000)。伊豆半島北部に位置し,伊豆箱根鉄道が通じる。町の中央を狩野川が北流し,大見川,桂川が中心部で狩野川に合流する。桂川の渓谷沿いにある修善寺温泉(弱食塩泉,単純泉。30~82℃)を中心に発展した温泉町で,伊豆山の走湯(はしりゆ),伊豆長岡古奈(こな)温泉とともに伊豆三湯と呼ばれた。弘法大師の発見と伝えられる独鈷(とつこ)の湯,曹洞宗の古刹(こさつ)修禅寺,源範頼・頼家の史跡などがある。富士箱根伊豆国立公園に属し,西部の達磨山付近には西伊豆スカイライン(2004年無料開放)が走り,キャンプ場,ゴルフ場などが開発されている。東部の大野にサイクルスポーツセンター,瓜生野に江戸初期大久保長安が開き,1965年に閉山した大仁(おおひと)金山跡がある。耕地は少なく,酪農やミカン,シイタケの栽培が行われる。

伊豆市西端の旧町。旧田方郡所属。人口5478(2000)。伊豆半島西海岸の北部に位置し,西は駿河湾に臨む。北,東,南の三方を達磨山などの山々に囲まれ,町域の大部分を山林が占める。土肥温泉(セッコウ泉,57℃)を中心にした温泉と海水浴の町で,温泉は江戸初期に土肥金山の採掘中湧出し,〈まぶの湯〉と呼ばれた。1577年(天正5)発見された金山は慶長年間(1596-1615)に代官大久保長安の管理に置かれ,慶長小判の地金も精錬されたが,1690年(元禄3)に休山となった。1917年土肥金山会社の手で再開されたが,68年閉山した。かんきつ類やビワなどの果樹,カーネーションなどの花卉,野菜などの園芸農業が盛んであり,土肥港を中心に沿岸漁業も行われる。土肥峠(585m)を越えて国道136号線が通じ,沼津港との間に船便もある。

伊豆市東端の旧町。旧田方郡所属。人口8313(2000)。伊豆半島中央部に位置する。町の南部は伊豆地方最高峰の万三郎岳(1405m)を主峰とする天城連山がそびえ,年間2500mm以上の多雨地帯であり,天城国有林が広がる。町の中央部を大見川が北流して狩野川に注ぐ。町域の大部分は山林で,ワサビ,シイタケが栽培され,大見川と支流の低地では稲作が行われている。伊豆スカイラインの開通(1964),白岩(しらいわ)温泉(単純泉,セッコウ泉,43℃)の湧出(1963)などもあって観光開発も進んでいる。大見川下流域には縄文中・後期の上白岩遺跡(史)があり,環状列石遺構をもつ。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「伊豆」の意味・わかりやすい解説

伊豆
いず

古代国家の行政区域。東海道に属す。680年(天武天皇9)駿河(するが)国の2郡を割いて伊豆国とした。律令(りつりょう)制下では田方(たがた)、那賀(なか)、賀茂(かも)の3郡を管し、国府は田方郡に置かれた。古来配流(はいる)の地とされ、源頼朝(よりとも)の流罪は著名。鎌倉幕府直轄地。堀越公方(ほりこしくぼう)の支配を経て、戦国時代には後北条(ごほうじょう)氏、徳川氏が領有。江戸中期以降は代官江川(えがわ)氏が支配。明治になり韮山県(にらやまけん)、足柄県(あしがらけん)を経て、1876年(明治9)旧伊豆国は静岡県となった。

[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例