式神・識神(読み)しきがみ

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐がみ【式神・識神】

〘名〙 陰陽道で、陰陽師が使役するという鬼神。陰陽師の命令に従って変幻自在、不思議な術をなすという。式の神。しきじん。しき。〔新猿楽記(1061‐65頃)〕
※宇治拾遺(1221頃)一一「供なる童は、式神をつかひて来たるなめりかし」

しき‐の‐かみ【式神・識神】

※枕(10C終)一八四「なほこればかり啓し直させ給へ。しきの神もおのづから。いとかしこし」

しき‐じん【式神・識神】

※源平盛衰記(14C前)一〇「昔し、安倍晴明が天文の淵源を極めて、十二神将を仕ひけるが、其の妻職神(シキジン)の貌(かほ)に畏れければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android