引別(読み)ひきべつ

精選版 日本国語大辞典「引別」の解説

ひき‐べつ【引別】

〘名〙
① ひき比べること。比較すること。
談義本・当世穴穿(1769‐71)二「極楽がよい事もない。又夫(それ)を引(ヒキ)べつにしてみれば」
を引くこと。引用すること。
※人情本・娘消息(1834‐39)初「そんな流行唄ア引きべつウして、利口めえた事を云ふが」

ひき‐わか・る【引別】

〘自ラ下二〙 互いに別れる。引き離れる。離別する。
(10C終)二二二「男車の誰とも知らぬが後ひきつづきて来るも、ただなるよりはをかしきに、ひきわかるる所にて、峯にわかるるといひたるもをかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android