コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)取り ヒキトリ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐とり【引(き)取り】

立ち去ること。退くこと。「お引き取りを願う」
引き受けて手もとに置くこと。「不要の品物の引き取り
受け取りの証文。また、奉公人を引き受けるという証文。
「―を入れて、とうとう背負(しょ)って帰って来ました」〈円朝真景累ヶ淵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

引(き)取りの関連キーワード自動車リサイクル法動物の保護・収容ゴミ収集有料化かんばん方式軽油引取税木材引取税登記請求権貿易金融受領遅滞取得原価指名手配差入れ通し矢無国籍抱合せ店請人証文

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android