コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引抜き機械 ひきぬききかいdrawing machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引抜き機械
ひきぬききかい
drawing machine

ダイスの穴を通して素材を引抜きダイス孔と同じ形状の断面寸法にする加工 (引抜き加工) に用いられる機械の総称。 (1) 伸線機 線材を丸いキャプスタンまたはブロックといわれる部品に巻取りつつ加工するもので,引抜き線と巻取り部との間のスリップ (滑り) の有無によってスリップ型とノンスリップ型に分ける。 (2) ドローベンチ 線材を巻取らずに直線的に引抜く機械で,丸棒,管,その他の断面形状のものも加工できる。鎖で駆動するチェーン式ドローベンチが代表的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone