引抜き機械(読み)ひきぬききかい(英語表記)drawing machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引抜き機械
ひきぬききかい
drawing machine

ダイスの穴を通して素材を引抜きダイス孔と同じ形状の断面寸法にする加工 (引抜き加工) に用いられる機械の総称。 (1) 伸線機 線材を丸いキャプスタンまたはブロックといわれる部品に巻取りつつ加工するもので,引抜き線と巻取り部との間のスリップ (滑り) の有無によってスリップ型とノンスリップ型に分ける。 (2) ドローベンチ 線材を巻取らずに直線的に引抜く機械で,丸棒,管,その他の断面形状のものも加工できる。鎖で駆動するチェーン式ドローベンチが代表的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android