コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有無 うむbhāva-abhāva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有無
うむ
bhāva-abhāva

仏教用語。存在と非存在。仏教では存在するものはすべて一時的な仮のものであり,諸条件によって生滅するものであるから,存在それ自体に不変常住な固定的実体はないと考える。存在に固定的実体を認めるのが「有」の見解である。逆に,すべての存在を否定してしまうのを「無」の見解という。仏教は,すべてが諸条件によって生滅するという事実に立って,「有」と「無」という両極端の見解に陥ることを戒めている。この立場が仏教の「中道」である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

う‐む【有無】

あることとないこと。あるなし。「在庫の有無を問い合わせる」
承諾することと断ること。承知と不承知。「事ここに立ち至ればもはや有無はあるまい」
仏語。存在するものと存在しないもの。また、存在することと存在しないこと。

ゆう‐む〔イウ‐〕【有無】

うむ(有無)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うむ【有無】

あることとないこと。あるなし。 「返事の-にかかわらず出発する」
承知と不承知。諾否。 「申々、-の御返事を仰せられい/狂言・瓜盗人」
生死、勝敗、黒白など対立する二つの概念。
〘仏〙 すべての存在するものとしないもの。 → 有無に

ゆうむ【有無】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有無の関連キーワード富山型デイサービスウイルスチェッカーウイルスチェック睡眠ポリグラフィラリーポイント制ふしぎなともだちデメリット等級ドープチェック子宮卵管造影法有無を言わせず否も応もなくデジタル信号アクセス経験港湾運送事業捕獲審検所細胞検査士暖候期予報妊娠検査薬𠮟り飛ばすHPV検査

有無の関連情報