コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引火性液体 インカセイエキタイ

デジタル大辞泉の解説

いんかせい‐えきたい〔インクワセイ‐〕【引火性液体】

消防法の別表1で危険物として第4類に分類されるもの。液体(第3石油類、第4石油類および動植物油類にあっては、1気圧において温度20度で液状であるものに限る)であって、引火の危険性を判断するための政令で定める試験において引火性を示すものと規定される。→危険物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

引火性液体の関連キーワードエーテルスチレン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android