コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弧度 コド

デジタル大辞泉の解説

こ‐ど【弧度】

角の単位。円の半径に等しい弧に対する中心角を1弧とする。1弧度は約57.295度。ラジアン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

弧度【こど】

ラジアン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弧度
こど

ラジアン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の弧度の言及

【角】より

…これらを単位として角の大きさを測る方法を六十分法という。円周上に半径の長さの弧をとるとき,これに対する中心角は円のとり方によらず一定であるので,この角の大きさを1ラジアンradian(記号rad)または1弧度といい,これを単位とする角の大きさの測り方を弧度法という。180゜=π(rad)であるので,1radは約57゜17′45″である。…

【弧度法】より

…半径1の円周上に長さが1の弧をとって,これに対する中心角の大きさを1ラジアン(rad),または1弧度といい,これを単位として角の大きさを測る方法を弧度法という。ふつうの六十分法では1回転を360゜として角の大きさを測るが,360という数には特別の意味はないので,弧度法のほうが六十分法より理論的である。…

※「弧度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

弧度の関連キーワード扇形(おうぎがた)目盛り加工機逆三角関数角(図形)球面幾何学六十分法三角関数弧度法立体角角度次元

弧度の関連情報