弱を助け強きを挫く(読み)よわきをたすけつよきをくじく

精選版 日本国語大辞典の解説

よわき【弱】 を 助(たす)け強(つよ)きを=挫(くじ)く[=ひしぐ]

弱い者をすくい、横暴な強い者をこらしめる。
※人情本・花筐(1841)二「人に諂ふことを嫌ひ、恃まれた事跡へは引かず、弱きを佐(タス)け強きを挫(ヒシ)ぐと、元祿時代の侠者、かの長兵衛等が風を慕ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android