当擦(読み)あてこすり

精選版 日本国語大辞典の解説

あて‐こすり【当擦】

〘名〙 ほかのことにかこつけて、悪口や皮肉をいうこと。また、その言葉。あてくち。あてこと。
※雑俳・柳多留‐八(1773)「死ぬものがそんとは後家へあてこすり」

あて‐こす・る【当擦】

〘他ラ五(四)〙 相手の面前で、ほかのことにかこつけて、それとなく悪口や皮肉をいう。あてつけていう。
※俳諧・延享廿歌仙(1745)二〇「入聟を古い小唄であてこすり 金が溜ると猪牙を一艘」

あてっ‐こす・る【当擦】

〘自ラ五(四)〙 「あてこする(当擦)」の変化した語。
※滑稽本・人間万事虚誕計‐後(1833)水茶屋のまこと「時々あてッこすってやっても、うぬぼれが強いから、ちっとも気がつかねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android