彦坐王(読み)ひこいますのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「彦坐王」の解説

彦坐王 ひこいますのおう

記・にみえる開化天皇皇子
日本書紀」によれば,母は和珥(わに)氏の遠祖姥津命(ははつのみこと)の妹姥津媛。垂仁(すいにん)天皇の皇后日葉酢媛(ひばすひめの)命の父丹波道主(たんばのみちぬしの)命は彦坐王の子という。「古事記」には日子坐王とあり,母は丸邇(わに)氏の祖日子国意祁都(ひこくにおけつの)命の妹意祁都比売命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android