コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦坐王 ひこいますのおう

1件 の用語解説(彦坐王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彦坐王 ひこいますのおう

記・紀にみえる開化天皇の皇子。
日本書紀」によれば,母は和珥(わに)氏の遠祖姥津命(ははつのみこと)の妹姥津媛。垂仁(すいにん)天皇の皇后日葉酢媛(ひばすひめの)命の父丹波道主(たんばのみちぬしの)命は彦坐王の子という。「古事記」には日子坐王とあり,母は丸邇(わに)氏の祖日子国意祁都(ひこくにおけつの)命の妹意祁都比売命。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

彦坐王の関連キーワード臘嘴鳥皇子伊香色謎命鬱色謎命大中姫袁邪本王忍之別皇子吉備兄彦皇子根鳥皇子姥津媛彦人大兄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone