彦坐王(読み)ひこいますのおう

  • 彦坐王 ひこいますのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

記・にみえる開化天皇皇子
日本書紀」によれば,母は和珥(わに)氏の遠祖姥津命(ははつのみこと)の妹姥津媛。垂仁(すいにん)天皇の皇后日葉酢媛(ひばすひめの)命の父丹波道主(たんばのみちぬしの)命は彦坐王の子という。「古事記」には日子坐王とあり,母は丸邇(わに)氏の祖日子国意祁都(ひこくにおけつの)命の妹意祁都比売命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android