コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影貼り カゲバリ

デジタル大辞泉の解説

かげ‐ばり【影貼り】

日本画や友禅染などで、図柄の輪郭内に他の色が入らないように、礬水(どうさ)引きの紙を切り抜いて輪郭内にはる方法。縁蓋(えんぶた)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かげばり【影貼り】

染色や日本画で、輪郭外の彩色がしみ込まないように、描いた絵の上に型紙を置くこと。礬水どうさを引いた美濃紙などを使う。縁蓋えんぶた

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

影貼りの関連キーワード美濃紙日本画礬水

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android