図柄(読み)ずがら

精選版 日本国語大辞典「図柄」の解説

ず‐がら ヅ‥【図柄】

〘名〙
① 配置された図案ありさま。組み合わせた構図
※都新聞‐明治三六年(1903)一一月二九日「吾妻コートへレースの襟巻といふ図柄が大流行」
② 心理学用語で、他と対照的に用いられ、事物の注意を引きつける側面をいう。

ず‐へい ヅ‥【図柄】

〘名〙 のさま。絵の品位。ずがら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android