図柄(読み)ズガラ

大辞林 第三版の解説

ずがら【図柄】

図案や模様のがら。 「 -のいい帯地」

ずへい【図柄】

絵の品位。ずがら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐がら ヅ‥【図柄】

〘名〙
① 配置された図案のありさま。組み合わせた構図。
※都新聞‐明治三六年(1903)一一月二九日「吾妻コートへレースの襟巻といふ図柄が大流行」
② 心理学用語で、他と対照的に用いられ、事物の注意を引きつける側面をいう。

ず‐へい ヅ‥【図柄】

〘名〙 のさま。絵の品位。ずがら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図柄の関連情報