コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礬水 どうさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

礬水
どうさ

水に少量の膠 (にかわ) と明礬 (みょうばん) を溶かしたもの。絵画制作などの際あらかじめ紙や絹の上に塗っておき,墨や性彩料のにじみを防ぐ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐さ〔ダウ‐〕【礬水/陶砂】

明礬(みょうばん)を溶かした水に、にかわをまぜた液。墨や絵の具などがにじむのを防ぐために紙・絹などに塗る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

礬水【どうさ】

ミョウバン水溶液に(にかわ)を加えた液。日本画等の彩色に際し紙や絹の表面に引いて墨や絵具のにじみを防ぐ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の礬水の言及

【日本画】より

…この作業を箔を〈あかす〉という。このようにして扱いやすくなった箔を,数度膠液を塗った紙,絹の画面上に,どうさ(礬水)液などで貼ってゆく。 古代から仏画などにみられる切(截)金(きりかね)は,仏師箔とよばれる銀を多く含んだ厚い箔と金箔を炭火で焼き合わせた後,軟らかな鹿皮の上にのせ,竹刀で細く切り,2本の筆を使って文様を描いてゆく技術である。…

【ミョウバン(明礬)】より

…今日でも紙のサイズ剤のpapermaker’s alumと呼ばれる物質は硫酸アルミニウムそのものである。また和紙のにじみ止めに用いられる礬水(どうさ)(陶砂)という物質はミョウバンをにかわで溶いたものである。なお〈明礬〉は〈透明な礬類〉の意である。…

※「礬水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

礬水の関連キーワードにかわ(膠)十返舎一九どうさびき礬水紙影貼り拓本絵絹熟紙

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android