コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影踏み カゲフミ

デジタル大辞泉の解説

かげ‐ふみ【影踏み】

子供の遊戯の一。が、仲間の影法師を踏むと、踏まれた者が次の鬼になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かげふみ【影踏み】

相手の影を踏み合う子供の遊び。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の影踏みの言及

【鬼ごっこ】より

…〈いえおに〉〈やどおに〉〈やどかえおに〉〈やどとりおに〉などの鬼あそびはこの類型である。(4)影踏み型 逃げまわる子の影を踏む法。〈影踏み〉〈影踏み鬼〉がこれである。…

※「影踏み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

影踏みの関連キーワード相手子供遊び

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

影踏みの関連情報