コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役割理論 やくわりりろん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

役割理論

役割とはもともと演技で用いられた言葉。社会学的には、集団の中での他者との関わりにおいて、相互に期待されている行為のパターンのこと(対人的な役割)。また、社会における地位に応じた行動規範という見方もある(構造的な役割)。 この役割を個人と社会を媒介する中核概念と位置づけ、役割を通して社会構造と人間行為を解明していこうというアプローチを役割理論という。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

やくわり‐りろん【役割理論】

役割2に着目して、社会と個人の関係を説明しようとする社会学や行動諸科学の理論。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくわりりろん【役割理論】

役割の概念を用いて、個人と社会との相互作用を解明しようとする理論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

役割理論の関連キーワードシェルスキー老年社会学社会的役割相互作用準拠集団モレノ催眠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役割理論の関連情報