待賢門院安芸(読み)たいけんもんいんの あき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

待賢門院安芸 たいけんもんいんの-あき

?-? 平安時代後期の女官,歌人。
父は皇太后宮少進橘俊宗とされる。はじめ待賢門院(1101-45)に,のち上西門院につかえる。歌は「詞花和歌集」「千載和歌集」「新古今和歌集」などにみえる。郁芳門院安芸と同一人物とするもある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android