コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郁芳門院安芸 いくほうもんいんの あき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郁芳門院安芸 いくほうもんいんの-あき

?-? 平安時代後期の歌人。
藤原忠俊(ただとし)の娘。白河天皇の皇女媞子(ていし)内親王(郁芳門院)につかえる。寛治(かんじ)7年(1093)の郁芳門院根合(ねあわせ),嘉保(かほう)2年の鳥羽殿前栽合(せんざいあわせ)などに出席する。作品は「金葉和歌集」などにおさめられている。待賢門院安芸と同一人物とする説もある。家集に「郁芳門院安芸集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android