コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後の朝 ノチノアシタ

デジタル大辞泉の解説

のち‐の‐あした【後の朝】

男女が会って一夜をともにした翌朝。きぬぎぬ。後朝(ごちょう)。のちのあさ。
「―は残りおほかる心地なむする」〈能因本枕・一三九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のちのあした【後の朝】

男女が会って共寝をした翌朝。のちのあさ。きぬぎぬ。 「 -は、残り多かるここちなむする/枕草子 一三九・能因本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後の朝の関連キーワード在日韓国・朝鮮人と祖国セゾングループ朝鮮人民共和国あの世からの火桂=タフト協定イ・パンジャ輪島実業高校岩見沢[市]日韓基本条約南北協商会議阿倍比羅夫明石元二郎在日朝鮮人後柏原天皇横浜(市)内閣支持率フクちゃん国分 三亥政党支持率森 恭三

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後の朝の関連情報