コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後奈良院御撰何曾 ごならいんぎょせんなぞ

1件 の用語解説(後奈良院御撰何曾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後奈良院御撰何曾
ごならいんぎょせんなぞ

室町時代の日本最初のなぞなぞ集。後奈良天皇編。1冊。永正 13 (1516) 年と巻末に記され,172題の謎を収める。「ろはにほへと」 (先折れかんな,岩なし) ,「嵐は山を去って軒のへんにあり」 (風車) ,「十里の道をけさ帰る」 (濁り酒) などのような文字遊戯や地口の類が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後奈良院御撰何曾の関連キーワードなぞえ謎謎物語謎を掛ける謎を解く謎謎合せなぞり書九号衛星のなぞはなぞのなぞなぞのすきな女の子ぴょこたんシリーズ