資料(読み)シリョウ

デジタル大辞泉 「資料」の意味・読み・例文・類語

し‐りょう〔‐レウ〕【資料】

研究調査基礎となる材料
[類語]史料材料

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「資料」の意味・読み・例文・類語

し‐りょう‥レウ【資料】

  1. 〘 名詞 〙
  2. それを使って何かをするための材料。特に、研究や調査などのもとになる材料。もと。
    1. [初出の実例]「鎌倉時代の諸書中にも智慧を進むるの資料に至りては殆んど之を欠くと雖も」(出典:日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四)
  3. 資金。もとで。
    1. [初出の実例]「右の伽藍建立は赤松円心、同則祐寄附資料」(出典山城名跡巡行志(1754)三)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android