コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資料 シリョウ

大辞林 第三版の解説

しりょう【資料】

あることをする上で、もととなる材料。特に、研究のためのデータ。 「 -収集」 〔英語 material の訳語。田口卯吉「日本開化小史」(1877~82年)にある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

資料の関連キーワード長崎県対馬市厳原町今屋敷長崎県平戸市大島村前平宮城県登米市登米町寺池マイクロ資料リーダー奈良県奈良市西新屋町近江八幡市立資料館石川県加賀市動橋町岐阜県恵那市岩村町レファレンス資料資料選択委員会ウィーディング館林市立資料館コレクション原本代替資料資料選択基準コンサベータ分散(統計)特定資料種別原爆資料館音楽図書館

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資料の関連情報