資料(読み)シリョウ

大辞林 第三版の解説

しりょう【資料】

あることをする上で、もととなる材料。特に、研究のためのデータ。 「 -収集」 〔英語 material の訳語。田口卯吉「日本開化小史」(1877~82年)にある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐りょう ‥レウ【資料】

〘名〙
① それを使って何かをするための材料。特に、研究や調査などのもとになる材料。もと。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「鎌倉時代の諸書中にも智慧を進むるの資料に至りては殆んど之を欠くと雖も」
② 資金。もとで。
※山城名跡巡行志(1754)三「右の伽藍建立は赤松円心、同則祐寄附資料

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資料の関連情報