コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後奈良天皇 ごならてんのう

8件 の用語解説(後奈良天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後奈良天皇
ごならてんのう

[生]明応5(1496).12.23. 京都
[没]弘治3(1557).9.5. 京都
第 105代の天皇 (在位 1526~57) 。名は知仁。後柏原天皇の第2皇子。母は豊楽門院藤原藤子 (勧修寺教秀の娘) 。皇室の最も式微した時期で,室町幕府の献金で践祚し,それから 10年後の天文5 (36) 年,北条,今川,朝倉,大内氏らの献金によって即位式が行えたほどであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごなら‐てんのう〔‐テンワウ〕【後奈良天皇】

[1496~1557]第105代天皇。在位、1526~1557。後柏原天皇の第2皇子。名は知仁(ともひと)。皇室の最も衰微した時代で、践祚(せんそ)の10年後に後北条・今川・大内氏ら諸大名の献金で即位礼を挙げた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

後奈良天皇【ごならてんのう】

戦国時代の天皇。在位は1526年―1557年。後柏原天皇第2皇子。当時は皇室が最も衰微した時代で即位式もできず,10年後,北条・大内ら戦国大名の献金によってようやく挙行できた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後奈良天皇 ごならてんのう

1497*-1557 戦国時代,第105代天皇。在位1526-57。
明応5年12月23日生まれ。後柏原(ごかしわばら)天皇の第2皇子。母は藤原藤子(豊楽(ぶらく)門院)。父の死により皇位をつぐ。戦乱がつづいて国はみだれ,皇室財政も逼迫(ひっぱく)していたので,即位式は践祚(せんそ)の10年後におこなわれた。天文(てんぶん)9年悪疫流行の終息をいのって,般若心経を書写して諸国の一宮(いちのみや)に奉納した。在位中にポルトガルによって鉄砲がつたえられ,宣教師ザビエルが渡来した。弘治(こうじ)3年9月5日死去。62歳。墓所は深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は知仁(ともひと)。日記に「天聴集」。
【格言など】しづたまきよろづを棄てぬ古(いにしへ)の道しある世にくりかへしてむ(「後奈良院御製集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後奈良天皇

没年:弘治3.9.5(1557.9.27)
生年:明応5.12.23(1497.1.26)
戦国時代の天皇(在位1526~57)。後柏原天皇の第2皇子。母は勧修寺教秀の娘(豊楽門院)。諱は知仁。永正9(1512)年4月親王宣下,次いで元服。大永6(1526)年4月父帝後柏原の死去を受けて践祚。しかしその直後細川家の内訌で丹波の柳本賢治らが反乱を起こし,これに細川晴元らが呼応して畿内は鼎の沸くような内戦に突入,即位礼は自然沙汰止みとなった。幕府や執政細川高国は内乱への対応に忙殺され,即位礼費の財源は天皇家が自前で講じざるを得なくなった。そこで天皇は勅使を派遣して小田原北条氏綱や駿河の今川氏親,越前の朝倉氏らに献金を要請したがなお大半の経費が不足した。折から周防の大内義隆は少弐氏,大友氏らに対抗するため天皇権威の引き出しを図り,周防介,筑前守の勅許と引き換えに巨額の献金をなし,さらに大礼費に銭2000貫の拠出を行った。これにより践祚後10年の天文5(1536)年2月,即位が挙行され,義隆はその功として大宰大弐に任官,少弐氏圧服の手掛かりを得た。同9年疫病退散を祈って『般若心経』を書写し,24カ国の一宮社に宸筆の心経が奉納されたことは有名。将軍が京都を逃脱し地方へ流竄するなかで天皇は戦国大名に官位を叙任し,長尾・上杉氏らには私敵追討綸旨を発給するなど,独自の天皇権威の振興を図り,これは安土桃山時代の「王朝回復」の先駆けをなした。したがって単にこの時期を朝廷権力の衰退一辺倒とみるのは誤りである。自筆日記『天聴集』は戦国期の基本史料。<参考文献>今谷明『戦国大名と天皇』

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごならてんのう【後奈良天皇】

1496‐1557(明応5‐弘治3)
第105代に数えられる天皇。在位1526‐57年。後柏原天皇の第2皇子。名は知仁。公家のもっとも衰微したときに践祚し,即位式は大内,今川,後北条氏らの大名からの献金を得て,10年後にようやく挙行した。戦乱や災害で飢饉,疫病に苦しむ庶民のため,諸国一宮に宸筆の〈般若心経〉を奉納した。日記を《天聴集》という。陵所は京都市伏見区深草坊町にある(深草北陵)。【飯倉 晴武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごならてんのう【後奈良天皇】

1496~1557) 第一〇五代天皇(在位1526~1557)。名は知仁ともひと。後柏原天皇の第二皇子。在位中は皇室が最も衰微した時期で、践祚せんその10年後に後北条・今川・朝倉・大内氏らの献金でようやく即位式を行なった。日記「天聴集」がある。名筆として著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後奈良天皇
ごならてんのう
(1496―1557)

第105代天皇(在位1526~57)。名は知仁(ともひと)。後柏原(ごかしわばら)天皇の皇子。母は贈左大臣勧修寺教秀(かじゅうじのりひで)の女(むすめ)豊楽門院(ぶらくもんいん)藤子。父天皇崩御ののち、1526年(大永6)位につき、弘治(こうじ)3年9月5日崩御。京都の深草北陵に葬る。後奈良天皇には『天聴集』と称する宸筆(しんぴつ)日記をはじめ、『御湯殿上日記(おゆどののうえのにっき)』を自ら記したものも伝わっており、『後奈良院御集』なる歌集も伝存する。また同天皇の事蹟(じせき)で著聞するものに宸筆般若心経(はんにゃしんぎょう)があり、その一は大覚寺心経殿に存するもの、その二は醍醐寺(だいごじ)に存するもの、その三は国々の一宮(いちのみや)に納められたもので、いずれも天文(てんぶん)年間(1532~55)に属し、国民の疫病(えきびょう)、飢饉(ききん)、洪水、兵乱などに苦しむを救わんための志に発するものである。[村田正志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後奈良天皇の関連キーワード皇考皇宗戦国鄭白戦国七雄花山院兼子勝俣鎮夫経尋徳大寺公胤戦国時代(中国)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後奈良天皇の関連情報