コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濁り酒 ニゴリザケ

デジタル大辞泉の解説

にごり‐ざけ【濁り酒】

麹(こうじ)の糟(かす)を漉(こ)してない、白く濁った酒。どぶろく。だくしゅ。 秋》「藁の栓してみちのくの―/青邨

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にごりざけ【濁り酒】

発酵させただけで、糟かすを漉していない白くにごった酒。どぶろく。だくしゅ。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

にごりざけ【濁り酒】


日本酒と同様にもろみをつくり、これを濾過(ろか)しないで、または目の粗い袋などで粗ごししてつくる、米粒や麹が入ったままの白く濁った酒。未糖化の米のでん粉やでん粉が糖化しアルコール発酵しきらずに残っている糖分によって、ほんのりと甘く、口当たりがよいものが多い。酒税法上は、濾過しないものは「その他の醸造酒」、濾過したものは「清酒」に該当する。◇「濁酒(だくしゅ)」ともいう。濾過しないものは「どぶろく」ともいう。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濁り酒
にごりざけ

白く濁っている酒。濁酒(だくしゅ)、白馬(しろうま)などともいわれ、一般にはどぶろくと同じ場合が多い。どぶろくは、日本酒をつくるとき、もろみを濾過(ろか)しないで、麹(こうじ)や米粒の混じったままのどろどろした状態の酒をいうが、今日、このようなどぶろくは酒の密造につながるものとして、製造、販売は禁止されている。なお、市場で「にごり酒」とか「白酒(しろき)(白貴)」などという名で販売されているものは、もろみを目の粗い袋で濾過したもので、滓(おり)の混じったままの濁っている酒である。酒税法上は、原料は米と麹であり、濾過しているので、濁ってはいるが清酒(せいしゅ)に属する。なお、奈良時代すでに清酒(すみざけ)、濁酒(にごりざけ)があったが、両者の違いは澄ませ方の程度の差と考えられ、現在のような濾過した清酒が商業ベースでつくられるようになったのは江戸初期以降である。[秋山裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

濁り酒の関連キーワード後奈良院御撰何曾白川郷のどぶろく濁り酒/おり酒清酒発祥の地徳川家康鴻池新六マッカリドジョウマッコリ醸造酒鴻池家上澄み中汲み緩緩諸白濁り清酒賢聖醇酒賢人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濁り酒の関連情報