コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後進国 コウシンコク

大辞林 第三版の解説

こうしんこく【後進国】

産業・経済などの面で、他より発達が後れている国。 ⇔ 先進国 〔現在では、「発展途上国」という〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の後進国の言及

【発展途上国】より

…発展途上国という言葉が生まれたのは1960年代に入ってのことである。それ以前は,〈後進国backward countries〉〈低開発国under‐developed countries,less‐developed countries〉という言葉がおもに〈先進国developed countries,advanced countries〉では通常用いられていた。しかし,旧植民地・保護領の独立増大とともに,これら新興国は後進国,低開発国など価値判断を内包した言葉をきらい,1962年,非同盟諸国の首唱の下に〈発展途上国の経済開発会議〉をカイロで開き,それ以降,発展途上国もしくは開発途上国の呼名が定着することになった。…

※「後進国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

後進国の関連キーワードロックフェラー(Nelson Aldrich Rockefeller)ビュヒナー(Karl Georg Büchner)ローザンヌ国際バレエコンクールネルソン・A. ロックフェラーマリインスキー劇場バレエ団マリンスキー劇場バレエ団マルクス・レーニン主義ロシア社会民主労働党ワクチンギャップガーシェンクロンネオマルキシズム反格差社会運動社会発展段階説協定関税率制度ゴットシェットブルジョア革命アメリカニズム社会学的国家論一国社会主義中ロ経済摩擦

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後進国の関連情報