御座候

精選版 日本国語大辞典の解説

ござ‐そうろう ‥さうら・ふ【御座候】

〘自ハ四〙 (尊敬語「ござある」の「ある」を「候う」にして丁寧の意を添えたもの。のちには、書簡文でもっぱら丁寧語として用いられた。敬意の度合はきわめて高い)
[一] 「ある」「いる」の意に尊敬・丁寧の意を含めたもの。
① 「ござある(一)」の丁寧語。いらっしゃいます。
謡曲・丹後物狂(1430頃)「この所に岩井殿と申す人のござ候ふか」
※虎明本狂言・毘沙門(室町末‐近世初)「それがし一人にてもなく、日比申合参たる人の御ざ候間」
② 「ある(一)」の丁寧語。あります。ございます。
※玉塵抄(1563)一八「尉が礼謝まうして過分かたじけなうはあれども古の詞をききをいたことござさうらう」
[二] 補助動詞として用いる。
① =ござある(二)①
※謡曲・自然居士(1423頃)「ここに自然居士(じねんこじ)と申す喝食(かつしき)のござ候ふが、一七日説法をおん述べ候ふ」
② =ござある(二)②
※謡曲・恋重荷(1423頃)「さながらおん庭は菊にてござ候ふ」
※咄本・軽口御前男(1703)三「どうやら不奉公のやうに御座候ゆへ」
[語誌](1)「ご…候」の形式は「平家物語」などに多くの例を見るが、「御座候」は謡曲、虎明本狂言などに散見する程度でしかない。
(2)江戸前期の咄本では、「御座候」(否定形は「御座なく候」)は文語的色彩の強い文脈で使用されており、当時一般的な語ではなかったことが推定される。
(3)文語的性格が強かったため江戸期から明治大正期に至るまで専ら書簡文(候文体)で使用された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御座候の関連情報